<< 最終列車・34両目 | main | クランクイン >>
最終列車・終着
楽日までの全ての日程を終え、「ラストトレインに手を振って」は、全日程を終了致しました。関係者の皆様、そして何よりご来場頂いた皆様に、心より感謝申し上げます。

過去作からご覧になっていらっしゃる方の何名かからもご指摘頂いたのですが、今回の公演は基本的な作風は今までとまるで変わらないながらも、制作過程においてこれまではなかった手法や、出来事のあった作品となりました。例えば濱田さん演じる金本の妄想をシームレスに劇中で展開させる、キャストが脚本の改訂作業を通して一人増えた(青山さん)、等といった点がそれに当たりますが、公演の終わった今振り返れば、それら未知の部分で経験した苦労も、皆様に作品が受け入れて頂けたという意味において、その甲斐があったと思えます。

2013-10-14 13.16.58.jpg



1381981226134.jpg

ブログの容量設定の都合でサイズが縮小されてしまい申し訳ないのですが、今回のキャスト陣の集合写真です。

お芝居というものはその性質上、テレビドラマの様に再放送することが出来ません。
もし、いつかこの作品を再演する事があっても、脚本、演出、舞台装置、衣装、照明、劇中曲、それに出演者、全て同じものをご覧いただく事は出来ません。
「ラストトレインに手を振って」が、もし皆様の記憶の片隅に留めて頂けるのならば、それは時を経たとしても、私達と貴方だけのささやかな記憶の共有となります。まさしく、劇中の生徒会メンバー達もそうであったように。

ご来場頂いた皆様、誠に有難うございました。
どうぞ、「ラストトレインに手を振って」に、手を振って下さい。

また私達も、歩き出します。次回皆様にお会い出来る日まで。

有難う御座いました。

カテゴリ:ラストトレインに手を振って | 02:38 | comments(0) | -
コメント
コメントする