<< シーン#32 | main | シーン#34 >>
シーン#33
 様々な方からお花を頂き、劇場前は賑わいを見せております。有難うございます。
今回はお花屋さんを舞台にしており、既にご覧になった方はご存知の通り、劇場内の舞台装置も花(造花ですが)に溢れた物なので、劇場中に花があるという、粋な環境で過ごさせて頂いております。中々これは、良い物ですね。



こちらは劇場に咲く、また別の華。


観劇済みの方にはどんな役どころのコンビかも分かって頂けますね。
本番合間の、一息タイム。

甘味を始めとした様々な差し入れも、有難うございます。
カテゴリ:クランクアップはまだ早い | 00:47 | comments(3) | -
コメント
アンケート書いてる時、一回だけ観劇してない作品ありましたが、それ以外全て拝見してる事に、何やら感慨深くありました。
レトロノートさんには、毎回座席を良くしていただき、有り難う御座います。
今回も、良かったです。ハーベストさんが客演なさるようになり、また新しい風が吹いてます。
前澤さんには余りにナイスで爆笑したり『良く言った!!』ってナイスでしたし(滅茶苦茶美味しいけど、難役ですよね)、山本さんは恋する乙女がいじらしくて、だけど緊張に弱くて爆笑しましたし、皆様味があって、レトロノートさんらしくて♪
不肖私も生意気にも撮影抱えてますが、更に笑って頑張ろうって思いました。
皆様ご自愛下さいまして、役者の皆様、スタッフの皆様、遠征公演の大成功を祈念致します。
あ、私も助っ人で受付スタッフやる事ありますが、助っ人だろうが何だろうが劇団の顔です。
助っ人スタッフやる時は、兎に角お客様に気持ち良くご来場いただき、気持ち良くお席にご案内し、気持ち良くお帰りいただく事しか考えておりません。
レトロノートさんは、スタッフさんもとても丁寧ですから、余計大好きなんです。
今回も、私の席について、大変ご配慮いただきました。
宜しくお伝え下さい。
御礼迄に。
また来年、期待してます。
毎年期待を裏切らないレトロノートさんへ。(座長、ハードル上げましたよ(笑))
| 忍者 | 2014/12/07 10:42 PM |
今回もご来場を有難う御座いました。
感慨を覚える程に数多くの作品をご覧頂いていることは、私達にとって、本当に名誉なことです。また、受付を丁寧と感じて頂ける点、これは私達の思想を理解して頂いている受付スタッフ様達のお蔭でもあります。
飽きられる位、このブログの記事中何度も書いている気も致しますが、結局のところ私達の作品はスタッフさんにも、そしてお客様にも大いに支えて頂いての物なのですよね。
そうであるからこそ、面白いと感じて頂き、毎年の様に足をお運び頂く忍者さんに、改めて感謝申し上げます。
| 前澤航也 | 2014/12/09 1:14 AM |
観客として、役者の端くれ以下として、人として、レトロノートさんには毎年感謝の一言で御座います。
追伸
前澤さん、あのハヤマ凄く気持ち良いので、ラスト迄あの空気、あのタイミングで突っ走って下さい。悔しい位にお見事!!
| 忍者 | 2014/12/09 11:26 PM |
コメントする