<< おわりのつづき、の稽古その3 | main | おわりのつづき、の自主稽古その1 >>
おわりのつづき、の稽古その4
今日も勿論立ち稽古。
今は物語冒頭から、順序立てて進行しているので、毎回初めて稽古するシーンばかり。演劇に限らないでしょうが、往々にして「過程」というものは、イメージ通りになったり、予想も付かない物になったりを繰り返し、ある意味で楽しく、そしてとてももどかしい段階です。
まあそんな綺麗事を言いつつも、気が付いたらいつのまにか過程はスキップ出来て、楽になれば良いのに、と、思ってしまうのは人の性じゃないかなあ…なんて。


 前回の写真でこっそりカメラ目線だったのはこちらの方、山本萌花さんです。
劇団ハーベストよりご参加頂いている山本さん、ここ数回の公演をご覧になっている方には、すっかりお馴染みでしょう。

毎回「座組み」(公演関係者をこう表現する事も有ります)では最年少ながら、周りに引けを取ることなどまるでなく、作品に色彩を与えて下さいます。
前回公演の「月ちゃん」でもご好評を頂いた山本さん、ですが今回はまた、それとは大きくイメージの異なるカラーリングとなりそうです。
カテゴリ:おわりのつづき | 23:43 | comments(3) | -
コメント
ハーベストとのかかわりも浅い自分。青山さんの映画出演より避けていた観劇に引き戻された自分。「クランクアップ…」はギリギリ見逃しました。
山本さんは「超楽屋」以来見つめています。驚いたのは女優Dではなくて、女優Bでの参加だったこと。その後「姉御肌」の方なのだと理解。
女子大生の身分のまま、ゴールデンウイークの「ヨルハver1.1」以来途切れることなく舞台出演していて、良く体が持つものだと思っておりまする。
まあ、全部に通い続けている自分もバカだなーと思っております。
そんな山本さん。この前、自分の認識を覆す脱皮をされました。
そして「自分で実現したい“課題”」を持っての参加とのこと。
彼女の言う“課題”が実現されるのかも楽しみに観劇させていただきます。トークショーのある公演+千秋楽。
公平さんの正解のない演出。組上がるまでが産みの苦しみなのでしょうね。
| マーセナリー | 2015/10/20 10:21 AM |
あら、可愛い♪萌花ちゃん。
彼女はいろんな顔を持っていますね~
幼くなってみたり、大人になってみたり…
今が1番吸収できて、素敵な大人へと変身していく時なんですよね。
いろんな挑戦が、彼女をより成長させている…
いつも観るたびに彼女の変化が楽しみです。

航也さん、負けてられませぬぞ!
| ファンファン | 2015/10/20 6:28 PM |
>マーセナリーさん
「姉御肌」ですか…なるほど、僕も結構当てはまる言葉だなあと思いました。ご本人に伝えてみたらどんな反応なさるかしら(笑)

>ファンファンさん
兜を脱ぐ準備はバッチリです!
| 前澤航也 | 2015/10/21 5:12 AM |
コメントする