<< おわりのつづき、の稽古その10 | main | おわりのつづき、の稽古その12 >>
おわりのつづき、の稽古その11
 今日の稽古には欠席者がおり、代役として山本萌花さんが所属する劇団ハーベストより、二名の方がお手伝いに来て下さいました。  

昼間お世話になった高橋紗良さん。

 夕方から登場の青山美郷さん。
 
役者さんのスケジュールにより欠席が生じるのは珍しい事でもありません。普段は人手が限られつつも何とか代役を立てたりと稽古を回していますが、専任でやって頂ける方がいるのはとても有り難い事。何より、普段と違う顔ぶれの稽古場も、新鮮な賑やかさで楽しいものです。

 深沢邦之さんです。レトロノートの、そして今回の座組の座長となります。
 深沢さんが喋ればその場の賑わう、華のある方です。 今回、深沢さんの劇中の台詞には普段使わない、口馴染みのない単語がいくつかあり、ご本人も苦戦なさってますが、その単語を噛むたび場が盛り上がってしまうのは、正にその華の、為せる業です。

…どの単語がそうだったか、観劇中に探さないで下さいね(笑)
カテゴリ:おわりのつづき | 12:13 | comments(3) | -
コメント
おっと、それは私に対するフリですね?
笑。
| ファンファン | 2015/11/04 8:58 PM |
フッてません!
どうぞ誤解なさらぬ様(笑)
| 前澤航也 | 2015/11/05 12:25 AM |
ずっと、生青山さんを見ることが出来ていないので、皆さんがとてもうらやましいです。リーダーは私の元気の糧です。
| マーセナリー | 2015/11/06 10:00 PM |
コメントする