<< おわりのつづき、の稽古その15 | main | おわりのつづき、の稽古その17 >>
おわりのつづき、の稽古その16
 秋のこの時期は空調の温度設定に悩みますね。
汗をダラダラ流す人の横で、長袖を着こむ方もいらっしゃったり。動きのあるシーンの稽古では暑がりの方はどうにも辛そう。でも、本番の照明が仕込まれた舞台上はもっと暑いのは明らかな訳で…どう乗り切るかは、実は私にとっても大問題。

さて今日は、「早通し」と呼ばれる、通常の倍近いスピードで行う通し稽古を行いました。
感情よりも、物事の手順の確認や、何より集中力を試される稽古です。どうしても頭の切り替えが追い付かず、突如として場面のテンポがスローになったり、その場面でいっぱいいっぱいになってるキャストさんが笑えるのは関係者だけのお楽しみ。
本番でそれらすべてを凝縮された状態を「客席から」楽しめるのは、お客様の特権。時折、羨ましく感じることもあります。


写真は演出席の中村公平さん。自分が出ていないタイミングではこちらから観察を。
カテゴリ:おわりのつづき | 21:28 | comments(3) | -
コメント
ラストスパート☆
皆さま、頑張ってくださーい!!!
| ファンファン | 2015/11/09 11:57 PM |
出演&演出

そうそう。岩松了さんも、出・演出されますが、脚本まで兼ねるので、自分の出番は極力抑えて、なんとかして舞台進行を自分で確かめようとするそうです。
脚本を担当しない公平先生は、自分の出演部分の「客観化」が大変だろうなー。
演出補、靖子さんの活躍の場がとても大切そう。
| マーセナリー | 2015/11/10 10:06 AM |
>ファンファンさん
有難う御座います。
秋なのに汗ばむ勢いでスパートしてまーす

>マーセナリーさん
演出助手の靖子さんは、一騎当千、八面六臂の獅子奮迅で御座います。
| 前澤航也 | 2015/11/11 5:03 PM |
コメントする