<< おわりのつづき、の稽古その20 | main | おわりのつづき、の仕込みその2 >>
おわりのつづき、の仕込みその1
いざ劇場入り。

初日の今日はまずひたすら仕込み作業。舞台装置、音響、照明、受付等…各班に分かれて場所と時間を融通しあいながら、本番の会場づくりを進めます。大きなトラブルもなく、夜には舞台装置も完成しました。写真は今はまだお見せ出来ないのですが、毎公演ご好評頂いておりますレトロノート作品の舞台装置は、今回も皆様にお楽しみ頂ける事と思います。
明日は完成した舞台を使って、照明や音響のタイミング調整を目的とした作業を行います。

作業開始直後の一枚。

釘を打つ山本さん。

お食事中の碓井さん。

昼飯後は眠くなっちゃいますね。
眠気に負けず頑張ろう。
カテゴリ:おわりのつづき | 20:58 | comments(2) | -
コメント
おう!「劇団としての形態」に目覚めた山本さん。ハーベストブログにあったように尽力していますなー。

今日はゲネプロ・ドレスリハーサル。
映画だと「ゼロ号試写」「初号試写」、製作者が一番緊張する時間。
小林佐千絵さんはどんな気持ちで見守るのでしょうか?
幸平先生は自分も出演しているから、すこし気が楽だろうな。
| マーセナリー | 2015/11/17 8:43 AM |
>マーセナリーさん
今回の舞台監督さんも劇団ハーベストさんと共通の方でして、山本さんに仕込みのアレコレを教えてやる!と、妙な師弟関係が出来ています(笑)
| 前澤航也 | 2015/11/18 8:55 AM |
コメントする