<< おわりのつづき、の本番その2 | main | おわりのつづき、の本番その4 >>
おわりのつづき、の本番その3
 三日目が終わりました。
ご来場頂いた皆様有難う御座います。今日も本番前、短い時間ながら昨日まで上手くいかなかった点を直したり、こちらの方が面白いのでは?という箇所を付け加えたりと、舞台はナマモノという言葉を地で行くような稽古を行っています。舞台が映画やドラマと違う点の一つは、やはりこの辺のフレキブルさなんでしょうね。

公演回数を重ねるにつれ、中にはリピーターのお客様も足を運んでくださいますが、初めての方は勿論の事、そういった方でも新鮮に感じて頂けるよう、日々修正です。

良い笑顔の遠海さん。もちろん劇中のシーンの稽古中より。
既にご覧になった方は印象が残っている方もいらっしゃるかもしれません。
カテゴリ:おわりのつづき | 23:56 | comments(1) | -
コメント
長谷川紀子さんの凄さに驚愕。
最前列に座っているので、お稲荷さんを持って入って来るシーン。3ステ目、おせんべいが転がり落ちるのですが、2ステ目ではなかった。普通だと「ミスだな」と思うのですが、目撃してしまいました。わざと落とすところ。スゲー!「拾ってちょうだい」のアドリブ入り。
あっ!「カボチャが上手く煮えたのよ」の件、ここも改善点があるのかも。お饅頭にお稲荷さんの件は自然なのに、カボチャの時は外部につなげるための皆さんの注目演技が大げさすぎるかなーと思ったりして。
でも、あれで視線誘導が窓や扉に行くのだから、やっぱり「公平マジック」ですなー

本番のアナウンス前の、航也さんの小芝居。
他のお客さんは結構な確率でお連れ様がいらっしゃるので、お喋りに夢中なのと、一人の方も、他のお芝居のフライヤーに目を通されていたりして、「せっかくの前置き」に注目が集まりません。
| マーセナリー | 2015/11/21 3:55 PM |
コメントする