<< 黄昏バックオーライ 稽古その5 | main | 黄昏バックオーライ 稽古その7 >>
黄昏バックオーライ 稽古その6

バリバリ邁進する毎日ながらも、キャストさんがどうしても稽古にいらっしゃれないスケジュールが発生する場合もあり、そんな時は手の空いた方を代役を駆使させて頂いてバタバタの大騒動です(笑)

出番の関係で少し前までとは代役をして下さる方が変わって、他の出演者の方が混乱して笑えるミスが起きたりと、こうした状況でのNGテイク的な一コマは、いくら面白くてももちろん本番で公開されるわけではありません。その辺は関係者としての贅沢なポイントであると思うし、また、その様に稽古の悲喜こもごも、アレやらコレやらを濃縮した本番を楽しめるのは、お客様の贅沢でしょうね。

 

 

劇団ハーベストよりご参加頂いている、望月瑠菜さん。

今日は代役で正に上記の様な、代役祭りの稽古でして、望月さん、時間帯を跨ぎながら女性役をひとしきりやったかも?という、八面六臂っぷり。いやはや、有難う御座いました。

代役もこなしながら自分の役は自分の役で、出てくるわけですが、まあ良く色々と混乱しない物だなと感心させられます。と、言うのも、ただでさえ望月さんの今回の配役は…おっと!ここから先は是非皆様劇場にお越しの上、何を言わんとしたのかをお確かめください。

 

はい、ベタな上に非常に下手くそな締めでした。

カテゴリ:黄昏バックオーライ | 01:08 | comments(0) | -
コメント
コメントする