<< 黄昏バックオーライ 稽古その6 | main | 黄昏バックオーライ 稽古その8 >>
黄昏バックオーライ 稽古その7

作っては壊し、創っては壊す、をひたすら繰り返しています。

台詞も立ち位置も、色々なものが、より良い形を目指して瞬間瞬間、更新されております。

その場で対応するために皆さん頭がフル回転。それに加えて声と体でアウトプットする訳ですから、知力体力共に実に消耗します。良く言われる、映像にはない舞台の「生の魅力」とは、結局のところかいた汗の量が産みだしているものなのでしょうね。あ、稽古場自体は空調を付けているので快適ではあるのですけどね(笑)

 

空間としてはただの部屋な、この稽古場でも熱量を感じられるのですから、舞台装置の中で、照明、音響効果に彩られれば、更に見ごたえのあるものとなるでしょう。

 

ご予約がまだの方も是非、劇場にてご覧になられて下さい。

チケット予約はこちら(予約サイト・Conffeti)

 

 

写真は祁答院雄貴さん。アクトレインクラブより、参加頂いております。

知的な雰囲気で脚本を読み込んでいる…かと思えば、何故に公演チラシ?(笑)

端正な雰囲気ですが、劇中ではキュートなおバカぶりも披露しておりますよ。

どうぞ、ご期待ください。

 

カテゴリ:黄昏バックオーライ | 01:02 | comments(0) | -
コメント
コメントする