ジェントルマンと差し入れ
今日頂いた差し入れ。


食べ応えもあり、疲れた体に実にありがたいです。
今回はジャンケンの必要のない位の量があり、人によってはおかわりする方も。


若菜葵さんが差し入れを食べていると…
 
なぜかフレームインしたがる碓井将仁さん。若菜さんの食べてる様が可愛らしかったので真似てみたそうですが、似た別物、といった感じ。



休憩の合間も、出演者同士の台詞合わせや、演出部と話し合う光景があちこちで見られます。

酒井俊介さんと中村公平さん。劇中のワンシーンについて話し合っています。遠目からこっそり撮った写真ですが、なにやら動きのある仕上がりに。

カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:59 | comments(2) | -
ジェントルマンのスパート
 劇中曲を掛けるタイミングの微調整を話し合う演出班。今は稽古の中でも岩崎健一郎の手による劇中曲が流れています。役者さんのお芝居だけでなく、お芝居を彩る音楽や衣装や照明も、バッチリ本番に向けて固められています。




お芝居そのものは、今はまさにアナログな最終調整中。物語を構成するパーツはもう出揃ってるので、あとは微調整を繰り返して見やすく、見やすく。時には意見がぶつかって殴り合いに発展することも…


…まあ、茶番ですけど(笑)



泣いても笑っても残り期間も少ない状況、イッパイイッパイの中で頑張るしかない!な、深沢邦之さんのナイスな一枚。

カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:56 | comments(2) | -
ジェントルマンの争奪戦
差し入れに頂いたシュークリーム。なんでも一日30個までの(!)限定品だとか。
 

女性に優先して配分、男性陣で残りをジャンケンで争奪戦。
レディーファースト、なんてったてジェントルマンです。

長いアイコ合戦ののち、

崩れ落ちる敗者の姿…。


…あとから敗者にも一口サイズにちぎって分け与えてくれました。
ジェントルマンな皆様に感謝する、私、前澤でしたとさ。
カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:40 | comments(2) | -
ジェントルマンと野良猫
稽古場敷地内の猫。

通し稽古の終わった後のキャスト陣はだいたいこんな↑感じ。


通し稽古の始まる前のキャスト陣はだいたいこんな↑感じ。 


通し稽古は疲れるものですが、いざ本番に入れば一日二回公演の日も少なくはありません。森さんが持ってきて下さった差し入れの栄養ドリンクも売れ行きも好調。やっぱり、基本お芝居は体力勝負。
レトロノート作品のような会話劇ではテンポの良さも一つ大事なポイントで、しかし疲労が溜まるとどうしてもお芝居が本来の意図よりスローテンポになりがちです。そしてそれを出演者の皆様も知っているからこそ、体の疲れは、気を張ってカバーです。

カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:24 | comments(2) | -
ジェントルマンの改稿
実はここに至るまでの間にもちょこちょこ脚本に修正が入っていたのですが、今日は今までにない位の修正が入りました。まあ修正自体はhttp://diary.retronote.com/?day=20120904にも書いていたように、劇団員含めて、過去作品に出演したことがある方は予想済み(?)なので案の定、という感じですが、単語を差し替えたり台詞の順序を入れ替えたりと、役者として稽古を進める立場の方からすれば、なかなかに混乱する作業。これは多少戸惑うのはまあ仕方ない所。ですが、お客さまにとってとにかくお話を分かりやすくすることが目的の変更なので、残り期間が減って来てる状況でも、そこは一同、喰らい付きます。


画像は夕食を食べる吉村さん(左奥)、山本さん(左手前)、冨田さん(右)。


ふと思い立ち軽く撮影させて頂いただけなのですが、なんだか家族写真みたいになってしまいました(笑) 
カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:58 | comments(3) | -
ジェントルマンのワンシーン
たった一、二分程度の稽古に、気がつけば二時間近くの時間を費やしました。
別に劇的なラストシーンなどではありません。ただ、そのシーンを上手く成り立たせるためには何人もの役者さん同士の呼吸をあわせ、かつ、その見せ方を工夫する必要があったためです。
レトロノート作品には殺陣もダンスもまずありませんが、毎公演、稽古期間のどこかで今日のようにほんの地味なワンシーンをひたすらじっくり作る日がある気がします。
本編を見て頂いた後でもそれがどのシーンだったかは恐らく分からないかと思います。分からないようになればこそ、時間を費やした甲斐がある、とも言えます。


自分の役柄を見直している出演者さん達。皆様、各々のスタイルがあって面白い。

 
役にまつわる情報をまとめたノートを見返す木本さん。

自分のセリフを書きだす吉村さん。

ひたすらセリフを復唱してみる岡戸さん…は、相変わらず写真を取らせてくれません。
カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:55 | comments(2) | -
ジェントルマンの通し稽古
通し稽古終了。やり取り上のミスや小道具の破損等のトラブルも色々とありましたが、とりあえずは終わりました。ある程度稽古を重ねた後には通してみて分かる発見も多いため、今後も機会があるごとに通し稽古は繰り返す予定です。



写真は舞台上手(かみて)奥から他の方の稽古中を撮影したもの。
上手とは客席からみて右側、ちなみに下手(しもて)とは同左側。この写真のアングルでは、向かいに人が座ってる辺りから向こう側が劇場での客席エリアとなります。
床に貼ってあるラインは各種テープ類で作った「場ミリ」という、壁や段差などの位置を示す目印です。

例えば、


これで階段だったり。

小道具類が揃ってきても、舞台は劇場に入るまで作る訳にいかないので、結局そこは想像力でのカバーです。
想像力を働かせながら稽古していると、何だか客席のエリアにまだ知らぬお客様の顔が見えてきたり…するときはちょっと疲れが溜まってるのかな(笑)

カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:54 | comments(3) | -
ジェントルマンの夕飯時
稽古もいよいよ佳境に入ると、やはり皆ソワソワとし始めるものです。
画像はちょっとした空き時間にセリフを併せている碓井さんと森さん。チームイエロー。

しかしお芝居作りなんて不思議なもので、稽古期間が長かろうが短かろうが、残り日程が少なくなってくれば焦る事に変わりはありません。結局のところ、その場その場で手間と効率を秤にかけて、最善に近いと思われる選択肢を取るしかないわけで、無用に焦ることはないようありたいものです。これは、自戒も込めて。




本日の皆様の夕食を何人分か許可を頂いて撮影。

 

簡素な方も、手の込んでいる方も、その方なりに手間と効率を秤にかけた結果なのかもしれません。

カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:58 | comments(2) | -
ジェントルマンのご紹介・12
通し稽古(冒頭からラストまで止めずに繋げての稽古です)に向けて反復の少ない個所や、変更が加わった場所を何度も再確認。どれだけ稽古しておいたとしても、通して見れば不具合がボロボロと出てくるものです。
そのようなボロを洗い出すことそのものが通し稽古の目的ですが、事前の準備も万全に。

 

最後の紹介となりますジェントルマン、岡戸三樹さんです。レトロノート作品ではお馴染の方。私にとっては写真を素直に撮らせてくれないことでもお馴染です。


キャスト紹介のページを見れば普通に顔写真も載ってるのに、なぜそこまで隠すのか(笑)

口数のとても少ない岡戸さんですが、舞台上では目が離せなくなるほどに雄弁です。
カテゴリ:ジェントルマンと私 | 23:29 | comments(2) | -
ジェントルマンの深夜便
深夜の中央高速からの一枚。


レトロノート作品では、作りこんだリアルな舞台装置を用いる事が非常に多く、それは(まだお見せする事は出来ませんが)今回も同じ方向性です。

↓過去の舞台写真。
                 

 
このような舞台を作るには装置そのものもさることながら、小、中道具(家具など)が非常に重要になってくるもので、ある程度の数が必要となれば、それはいつも予算表とにらめっこ(身も蓋もない話ですが)となります。
ですので、良い条件でお借り出来る場所があれば、遠くだろうと、深夜だろうと、こうして向かう訳です。
遠くまで出かけた甲斐あって、良い道具が色々とお借り出来ました。今日から稽古場に持ち込み、その扱いに慣れる作業の始まりです。まずはその前に、軽く睡眠を。

意外と?いやいや、やっぱり?お芝居作り、体力勝負です。
カテゴリ:ジェントルマンと私 | 05:46 | comments(2) | -
<< | 2/4PAGES | >>