九月二十四日(土) 仏滅
 今日からようやく稽古場日記に戻ります。

先日右近さんで稽古したシーンを、深沢さんで改めて繰り返します。他のキャスト陣は一度稽古しているためある程度は流れを掴めていますが、お二人は稽古時間が二等分。しかし出演時間が特に短い訳でもなく、なかなか大変そうではありますが、バンバン場面を作り上げていく様は、流石です。

こちらはチラシ表面でおなじみ、棚橋幸代さん。凛とした雰囲気の方で、日本舞踊も嗜まれているらしく、立ち居振舞いもお見事。劇中でもその佇まいが活かされていますが、もちろんそれだけで終わりもしないので、どうぞお楽しみに。

棚橋幸代さんのブログはこちら
カテゴリ:本日のお日柄は | 20:42 | comments(0) | -
九月二十三日(金) 先負
 タタキ作業が終わりました。
これで明日からはまた通常の稽古場日記に戻りそうです(笑)
今日は時間が空いていたということでレトロノートの脚本家、小林佐千絵さん(右)が手伝いに来て下さいました。


『ペンより重いもの持たせてすいませんね〜。』
などと私が軽口を叩くと、
『台詞減らすわ。』
と、一言。

えと、そういうの、公私混同って言いませんか?

さて、レトロノートの作品創りの過程では、既に脚本が完成していても、より観易くするためや、分かり易くするために本番直前まで粘りに粘って脚本の改定を繰り返すことがよくあります。今回に関してはまだその状況にありませんが、もしもその作業が始っていたら、小林さんは稽古以外の時間でも作品に掛かりっきりになるため、とても手伝いに来ていただく事など出来ない訳で、劇団側の大道具・舞台美術担当である私、前澤航也としては、タタキ作業が良いタイミングでありがたい(笑)


タタキ場周辺はネコのたまり場でした。今日でお別れと思うと、寂しいものです。


カテゴリ:本日のお日柄は | 22:50 | comments(4) | -
九月二十二日(木) 友引
 タタキ作業にも終わりが見えてきました。


道具貼(設計図)に次々書き込まれるOKの文字。
進展が感じられるのは、自分自身励みになります。
今回の舞台美術を担当されているのは過去の公演、『空が見える僕の部屋』でもお世話になった、小林奈月さん。


こちらはちょっと画像が粗いですが、その当時の舞台セットです。
レトロノート作品の舞台美術はほとんどの作品において具象的志向です。それは今回も同じことで、派手な仕掛けなどは無くても、約90〜100分の上演時間中に飽きの来ない質実剛健さを目指せれば、と思っています。


小林奈月さんと一緒に作業をする福田修司さん。ここ数日見慣れた光景。
以前職人肌とご紹介させて頂いた福田さんですが、何故かナグリ(カナヅチ)やノコ(ノコギリ)を使うタタキ作業では苦手を公言して憚りません。

…が、ペンキ塗りでは何故かイキイキとし始めます。


カテゴリ:本日のお日柄は | 23:51 | comments(0) | -
九月二十一日(水) 先勝
 今日はタタキのみの一日。
というか、大変な一日でしたね。皆様はご無事に過されたでしょうか?
我々の作業そのものは屋内のため問題はなかったのですが、天候のため資材の発注が出来ず、一時進行が滞ってしまったりと、やっぱり大変な一日でした。
帰宅しようと思っても交通手段がなくなってしまったため、開き直って作業を再開、結果的にかなりの進捗を果たしたのは、まあ、怪我の功名?でしょうか。

しかしここまで大変な天候になるとは予想しておらず、昼間のうちは暢気なものです。


倉庫の中からから面白アイテムを見つけた福田さん。


台風でシャンプーを。碓井さん。
お二人とも、遊んでないで仕事して下さい。



彼らがラジオから流れる運行情報に青ざめるのは、まだ数時間先のお話。
カテゴリ:本日のお日柄は | 21:43 | comments(4) | -
九月二十(火) 赤口
 今日からタタキ(大道具作り)も始めました。


こんな感じの倉庫で、


汗を掻きつつひたすら作業。
終了後は稽古へ。一日が長く中々ハードですが、大道具が出来上がるまでは、踏ん張りどころ。


こちらは出演者の生井歩さん。安定感のあるぶれない演技をされる方で、大変小柄な方なのにも関わらず、お芝居をされてる姿はなんだか大きく見えます。写真左の身長180cm近い中村公平さんと並んでも、まるで変わらなく見え……


……すいません、さすがに大げさでした。


カテゴリ:本日のお日柄は | 23:14 | comments(0) | -
九月十九日(月) 大安
Wキャストのお二人を入れ替えつつ、稽古を終盤のシーンへと進めていきます。
これは先日のお誕生日ケーキを食べるお二人。


人の出入りが多いシーンや、導線(人の移動経路)の調整が多発するシーンなどは、中々の混乱っぷり。あれこれ試行錯誤しながらの内に、時間一杯。続きは持ち越しです。
今日は良く休んで、また明日。


今日の一枚は、今回レトロノート初参加、そして最年少、横関咲栄さん。
横関さんは出演者陣の中でも右近さん、深沢さんとの絡み(やり取り)が比較的多めなポジションで、お二人のちょっとした個性の違いにも対応しつつ、しなやかに立ち回っていらっしゃいます。
右近×横関、深沢×横関、これから先、2バージョンの間にどんなコントラストの差が生まれるのか。
個人的にも楽しみだったりします。
カテゴリ:本日のお日柄は | 23:11 | comments(0) | -
九月十八日(日) 仏滅
今日ご紹介するのはこちらの方。オカドミキさんです。
オカドさんにはここ数回の公演ではすかっりお馴染みの、レトロノートではお世話になっている役者さんです。
ブログ用の撮影をすること自体は許可して下さっても、素顔ではまず撮らせて頂けないシャイ(?)な方です。
普段も口数の決して多いほうではないオカドさんですが、舞台に上がれば水を得た魚の様に縦横無尽。過去作品をご覧の方の中には、オカドさんの演じたキャラクターの印象が強い方もいらっしゃるかと思います。
本当のオカドさんはどちらなのやら。


余ったスペースでは過去公演のオカドさんをお楽しみください。


もちろん、キャスト紹介やチラシではキチンと写ってますよ。
カテゴリ:本日のお日柄は | 22:46 | comments(0) | -
九月十七日(土) 先負
 本日は深沢邦之さんのお誕生日をお祝いさせて頂きました。
先日の碓井さんに続き、再びのケーキ登場。




切り分けて、みんなで食べて、夕食の後に美味しいデザートタイム。

稽古そのものは、今日は日中と夜間で右近良之さんと深沢邦之さんが交代しながらの進行です。お二人は今回の作品で、一つの役を回替わりで演じるダブルキャストとなっております。


昼と夜で同じシーンを稽古していても、お二人の個性の違いでシーンそのものも色合いが結構変わってきます。ダブルキャストという企画自体は、過去の公演(『今日、秋晴れスル』)でも行っているのですが、一つのシーンを二つのバージョンで創るのは中々苦労も多いものの、やってる側としても気の抜けない良い刺激があります。
深沢さんと右近さん、どちらの回をご覧になるか迷ったら…是非、両方いらして下さいね(笑)

深沢邦之さんのブログはこちら

カテゴリ:本日のお日柄は | 20:14 | comments(0) | -
九月十五日(木) 先勝
段々と稽古のピッチも上がってきて、稽古場は毎回賑やかなものです。
ダメ出しが盛り上がってくる(?)と、演出家の中村公平さんがヒートアップして演出席を離れ、あれこれ動き回りながら俳優さん達に指示を出していくのもレトロノートではお約束な光景。




先日話題に出した舞台周辺地域の地図も、清書版が完成致しました。見やすい上によく見ると出演者の名前を冠した架空のお店があったり、レトロノート過去作品の舞台がこっそり書き込んであったりと、地味な遊び心に満ち溢れた逸品。
手がけたのはこちらの方、


劇団レトロノート所属、頭のタオルがトレードマーク、福田修司さんです。 
福田さんは絵描きやデザインの素養があり、恒例の地図を始め、毎回ちょっとした紙関係の小道具などの作成を担当されています。職人肌な方です。

…たまたまとはいえ、写真もなんだか職人っぽいな。

福田さんのブログはこちら

カテゴリ:本日のお日柄は | 23:13 | comments(0) | -
九月十三日(火) 大安
 本日は再度の読み合わせ等を行っての稽古終了後、出演者碓井将仁さんの誕生日のお祝いを。




皆で食べるケーキが美味です。

稽古そのものは、先日も日記に書いた円盤ライダー組みの御三方も合流して、更に活気の出てきた感じ。


今までは居ない方は代役を充てて稽古を進めていましたが、やはり本来の配役で稽古出来るのは良いものです。

左・渡部将仁さんのブログはこちら

中・冠仁さんのブログはこちら

右・右近良之さんのブログはこちら

カテゴリ:本日のお日柄は | 01:21 | comments(0) | -
<< | 3/4PAGES | >>